スタディサプリセンター試験現代文の評判

センター試験向け国語の評判まとめ

国語のセンター試験対策講座の評判を解説していきます。

 

センター試験向け国語の科目とそれぞれの担当講師は以下の通りです。

 

センター試験向け国語対策講義

センター試験国語

 

センター試験直前対策国語

2015年冬頃リリース予定となっています。

 

センター試験向け国語現代文担当講師

小柴 大輔(こしば だいすけ)先生

センター試験向け国語現代文の担当をしています。

 

直前対策も用意されています。

 

>>>スタディサプリ無料トライアル登録方法を確認<<<

センター試験対策国語の評判

センター試験対策国語の評判を解説しています。

 

センター試験対策国語概要
センター試験対策国語は全10講の構成になっています。担当講師は、小柴 大輔(こしば だいすけ)先生となっています。

 

センター試験の国語では論説1問、小説1問が必ず出題されますので、この講義ではそれぞれの文章の読み方及び問題の解き方が説明されます。

 

講義で使用される文章は、過去のセンター試験で出題されたものとなっていますので、確かな読解力を身に付けるのに最適だと言えます。

 

センター試験対策国語の評判

論説で頻出の芸術論を中心に学習することができます。

 

出題の可能性が高い分野の攻略を知ることができるのは重要です。

 

対比を意識して問題に取り組むといいですね。

 

また、小説では登場人物の性格・キャラクターをしっかりと理解することができれば、何も怖いものはありません。

 

講義では、キャラクター設定を正しく把握する方法を学ぶことができます。

 

センター試験に出題される文章は堅く、難しいと言われていますが、設問の難易度が難関大学に比べると平易なため難易度はそこまで高くありません。

 

解き方を知ることで得点を取ることができる科目なので集中して勉強を行いましょう。

 

センター試験対策国語体験動画

小柴 大輔(こしば だいすけ)先生

 

センター試験対策国語の講義の特徴としては、新旧のセンター過去問から良問のみを選択していますので、実力を付けるのにベストな問題が揃っています。

 

また、小柴先生が作成したオリジナルの予想問題も含まれていますので、実力を試すことができますね。

 

センター試験国語の論説では、芸術論が重要となります。具体的には文芸、工芸、庭園、映画等が挙げられます。一番出るテーマなので注目していきます。

 

小説では登場人物特に主人公のキャラクターに注目していきます。熱いキャラ、クールなキャラあるいは前後半でキャラクターが変わるというところに注目していくと文章が読めます。
また、近年のセンター試験でよく問われる表現の問題についても解説しています。

 

文章というのは通常黒一色で書かれてしますが、詳細を確認すると脇役キーワード、敵役キーワード、主役キーワード等があります。

 

これらを頭を使って分類していくことが重要です。グループわけをうまくすることで、センター試験の問題を解くことができます。

 

>>>スタディサプリ無料トライアル登録方法を確認<<<

センター試験直前対策講座現代文の評判

現在準備中です。

 

スタディサプリ無料トライアル体験登録

 

 

>>>>>スタディサプリ評判を見る

現代文センター試験対策講義詳細

現代文

センター試験対策現代文【国語】 1講:導入その1《論説1》芸能論・ジェンダー論/導入その2《小説1》家族関係・長い時間と短い時間の対比
2講:《論説2》装飾論・芸術論
3講:《小説2》少年の心理世界と家族関係/ビフォア・アフターの対比
4講:《論説3》日本文化論・庭園論・芸術論
5講:《小説3》ビフォア・アフターの対比/キャラクターの分類
6講:《論説4》映画論・芸術論
7講:《小説4》小動物・昆虫と主人公の同一関係
8講:《論説5》工芸論・芸術論
9講:《小説5》家族関係/“その場しのぎキャラ”登場
10講:《論説6》メディア論・スポーツ社会学(オリジナル問題)

 


TOP 無料トライアル体験登録方法