受験勉強中の眠気を克服する方法

受験勉強中の眠気を克服する方法

受験勉強中特に試験の直前期になると、より多くの時間を勉強に当てようと多くの受験生は睡魔と闘います。

 

私達人間のほとんどが勉強しているときや読書をしている時に眠気を感じるでしょう。

 

そのような状況で私達は二つの決断をすることができます。

 

一つは、すっぱりと起きていることをあきらめて眠ることでもう一つはなんとか起きて続けることです。

 

前者の眠ることはとても簡単ですが、後者の起き続けることはとても難しいことです。

 

この記事では受験勉強中の睡魔と闘うための方法・アプローチを共有します。

 

眠気

夜遅く勉強をしていると眠気を感じていることだと思います。

 

誰もが座って本とにらめっこをしているときにうとうとしてしまうことがあります。

 

もちろんスタディサプリで講義を視聴している時も同様だと思います。

 

講師や科目の興味の度合いによって異なるかもしれません。

 

いずれにせよ睡魔を避けることができません。

 

受験生は睡眠時間がほしいと感じています。

 

しかし、もしあなたが偏差値を上げて受験に成功したいと考えているのであればこれらの貴重な睡眠時間を削ることも不可欠となります。

勉強中の眠気の原因

勉強中の眠気を避ける方法の詳細を話す前に、勉強中に起こる睡魔の原因について簡単に説明することは必要なことだと思います。

 

基本的な原因は脳にあります。

 

脳は機能するために多くのATP(アデノシン三リン酸)が必要となります。

 

しかし一度勉強を始めて急激にATPを使用し始めると、このATPの多くがADP(アデノシン二リン酸)に変化します。

 

ADPは、ATPとは違い脳が求めるエネルギー量に追いつくことができず、脳の活動が弱まり、起きておくことができなくなります。

 

これはあなたが意図せず寝始める時です。

 

しかし、一度休息をとると、ADPはATPに戻ります。

 

そのため昼寝をとるとリフレッシュすることができるのです。

 

再びATPがADPに変わり、このサイクルが繰り返されます。

 

睡眠を引き起こすほかの原因は下記に挙げています。

 

睡眠・覚醒サイクル

毎日、体の睡眠に対しての傾向として二つの時期があります。

 

これらの二つの期間は、夜遅くの時間(深夜から朝7時まで)とお昼の時間(お昼1時から4時まで)までとなります。

 

これらの二つの時間に起きている人は、意図せず眠気を感じることがあります。

 

もし十分な休息をとっていないときに起こりうることです。

 

その他

いくつかの医療上の問題や薬が睡眠障害の原因となることがあります。

 

慢性的な病気

関節リウマチ、喘息、鬱血性心不全や他の痛みを引き起こす病気を患っている場合は、睡眠サイクルに影響を与えることがあります。

 

治療

高血圧、喘息、心臓病に関する治療(薬)によって勉強中の眠気を引き起こすことがあります。

勉強中の睡魔を乗り越える方法

もうすでに勉強中の眠気の原因を理解したと思いますので、勉強中の眠気を避ける方法をより理解しやすくなっていると思います。

 

勉強中の睡魔を乗り越える方法は下記のとおりです。

 

過度な運動を避ける

日中に激しい運動をした場合、いつもより早く眠くなってしまう可能性があります。

 

もしあなたが定期的にジムに通っているのであれば、比較的負荷の高い運動を求めるかもしれません。

 

身体が激しい運動で疲労を感じているのであれば、身体は休息を必要として夜遅くまで勉強のために起きていることが難しくなるでしょう。

 

部屋の電気を付けておく

多くの受験生が犯している間違いなのですが、夜勉強をする時にテーブルのライトだけをつけているということがあります。

 

ムードを高めるのには効果的ですが、部屋の大部分が暗くなってしまいます。

 

部屋のライトを消している時は、部屋の片隅のベッドがとても魅力的にうつると思います。
そのため、勉強中に部屋の電気を消していると、すぐに眠ってしまうでしょう。

 

ベッドで勉強をしない

勉強をする時は、テーブルの前の椅子に座りましょう。

 

ベッドに横になって勉強をすることで、いつでも眠れる状況にするのは懸命ではありません。

 

がっつりご飯を食べない

お腹いっぱいご飯を食べてしまうと、自然と眠気がでます。

 

食べたものの消化のために集中力が低下します。

 

しかしだからといってご飯を食べないということは避けましょう。

 

空腹時はより勉強することが難しくなる可能性があります。

 

連続した勉強のあとは多くの受験生が空腹を感じると思います。

 

こういう時は軽食をとるのがおすすめです。

 

夜おそくに食べる物としてはフルーツがいいかもしれません。

 

間違っても米やパンなどの炭水化物をとらないようにしましょう。

 

多くの水を飲む

これは多くの受験生が試験前に行う方法です。

 

一定量の水分を摂取することで、間単に眠気を感じなくなります。

 

部屋をあるきまわる

もし眠気を感じたら部屋を歩き回るのがおすすめです。

 

階段の上り下りをするのも効果的ですね。

 

日光を浴びる

外に出て太陽の光を浴びるのは眠気解消に効果的です。

 

日光を浴びると身体のビタミンDの料が増えてエネルギーがみなぎります。

 

もし天気がいいのであれば外で勉強をするというのもいいですね。

 

勉強しながら同時に外を楽しむことができるので一石二鳥になります。

 

声を出して勉強する

音読をして自分の声を聞くことは効果があります。

 

五感をフル活用することで暗記力の向上もみこめるのでおすすめです。

 

さっとシャワーを浴びる

熱めのお湯でさっとシャワーを浴びると目を覚ますことができます。

 

ただし、湯船にゆったりと浸かるとリラックス効果がありより眠くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

 

 

>>>>>スタディサプリ評判を見る


TOP 無料トライアル体験登録方法